脱毛の基礎知識!毛周期とは?

イメージ

ムダ毛処理をしたのにまた生えてきた……

脱毛サロンに初めていく人は、お手入れを受けたあとは、そのまっさらな状態からもう毛が生えてこないと思っている方も多いようです。
でも、これは大きな勘違い。脱毛の効果は決して即効ではありません。

毛周期とは?

「毛周期」とは、簡単に言うと毛が生えてくるサイクルです。
毛を抜いても抜いても、何度も生えてくると思ったこと、ありますよね? その毛って同じ毛だと思っていませんか?

実は、今表面上に見えている毛は、約3分の1しか生えていないのです。 ココに「何度も生えてくる」「何度も(サロンへ)通わなければならない」秘密があるのです!

毛周期は、毛が生えて体表に出てくる「成長期」、 毛乳頭と毛が離れ始める「退行期」、毛乳頭と毛 が完全に離れ毛が抜けて毛乳頭が残り眠る「休止期」に分かれます。

  • 「成長期」毛根の細胞分裂がさかんで、毛が非常に伸びる状態の時期
  • 「退行期」毛根の細胞分裂が弱まり、成長期が終わって休止期に入るまでの期間
  • 「休止期」毛根の細胞分裂が止まり、毛が抜ける時期

部位によってもう周期が違う?

毛周期は28日と言われていますが、実は部位によって毛周期は異なります。

眉毛・まつげ

1日に約0,18mm伸びて、生え変わりのサイクルは約2ヶ月間で一番早い

手・足

1日に約0.2〜0.4mm伸びて、生え変わりのサイクルは約3〜5ヶ月

わき毛

1日に約0.3mm伸びて、生え変わりのサイクルは約4ヶ月

ビキニライン

1日に約0.2mm伸びて、生え変わりのサイクルは約4ヵ月

毛周期に合わせた脱毛が必要

一般的なサロンや医療機関での脱毛方法である、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で効果があるのは【成長期】の毛です。毛の根元にある毛母細胞を破壊して、毛が生えないようにするため、退行期や休止期の毛根にレーザーやフラッシュを当てたところで、効果がありません。
ですから、1回の脱毛で毛母細胞を破壊したら、次の成長期まで待機しなければなりません。体の部位でも異なる毛周期では、どれくらいの間隔で施術するのがもっとも効果的と考えられるかを考えて予約を行う必要があるため、必然的にサロンへ通うのが2〜3ヶ月に一度となってしまうのです。

脱毛サロンにたくさん通えば良いというわけではない

つまり、月に何度も通えば早く完了するというわけではなく、2~3ヶ月間に1度ぐらいの施術しか不可能です。
また、手足とワキでは、ズレが生じてしまうので、同時にすべてが終わるというものでもないというのが、やっかいなところです。

効果の実感はどれくらいかかる?

脱毛サロンの光脱毛の場合、1回で永久的に生えてこなくなることはありません。2週間ほどすればムダ毛は生えてきてしまうでしょう。この時、指で軽く引っ張ってみると面白いくらいスルッと抜けていきます。ここでようやく、脱毛効果を実感できるのです。

しかし、その抜けた毛穴からも、またしばらくすればムダ毛は生えてきてしまいます。脱毛は、繰り返し行っていくことで徐々に毛が細くなり、生えてくるスピードも遅くなっていくのです。

脱毛箇所によって効果の感じ方が異なる

効果が出ない!とガッカリしてしまうかもしれませんが、脱毛は、効果を感じやすい部位と感じにくい部位があるのです。最も効果が出やすいと言われるのは「ワキ」。そして、効果を感じづらいと言われるのはデリケートゾーンのように太い毛が密集している部位や、顔などの産毛が生えている部位のようです。

脱毛が完了するのにどれくらいかかる?

脱毛サロンの場合

サロンなどで施術する場合、毛が目立たなくなるまでには、6〜12回ほどかかると言われていますので、1年弱は必要と思っておかなければなりません。
ただし、毛の太さなどにも左右するものですから、期間や回数は個人差があります。

クリニックでの脱毛の場合

一般的に医療レーザーの場合、4,5回でほぼ終了するとも言われていますが、こちらも個人差があるようです。
とはいえ、これくらいの回数通えば、それほど目立つことはなくなります。
だいたいの目安として知っておいて、完了したい時から逆算して脱毛をスタートし、毛周期に合わせて予約を入れるなど、無駄なく効果的に進めていくことが大切です。

毛周期を理解して脱毛サロンに通おう

出来れば短い期間で脱毛を完了させたいもの。それには毛周期の理解と正しい頻度で脱毛サロンに通うことが必須になります。
そのため、サロンの予約の取りやすさと脱毛法は選ぶ基準の中でもマストで押さえたいポイントです。自分に合ったサロン選びにお役だてください♡

  • シェア

よく見られるページ

おすすめコンテンツ

TOP