【永久脱毛】って永久じゃないって本当?!

イメージ

永久脱毛の定義

脱毛の広告などでよく目にする「永久脱毛」という言葉。

サロンや医療機関にある程度通って脱毛すれば、その後ムダ毛は1本も生えなくなって、永久にツルツルになると思っていませんか?

実は、残念なことに本当の意味では「永久」ではないのです。

また、医療脱毛しか永久脱毛ができないということを聞いたことがある人もいませんか?
実は医療脱毛も一本も毛が生えなくなるということではありません。

では、永久脱毛とは一体どういう状態を言うのでしょうか?

永久脱毛とは

イメージ
「永久脱毛」は米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)によって、「最終脱毛から1ヶ月後の再生率が20%以下である脱毛法」、「3回照射後、6ヶ月経過した時点で67%(3分の2)以上の毛が減っている状態」とされています。

これは、医療機関でのレーザー脱毛にせよ、サロンでの光脱毛にせよ、まだその歴史が浅いために「永久」と定義するのは難しいのかもしれません。もちろん、普段通りの自己処理をやらなければならないとか、一定期間サロンなどに通って脱毛を終えた後、数年後にまた元に戻ってしまうということはありません。

ただ、毛周期の関係もあって、細い産毛が生えてくることがあるということは認識しておいた方がいいでしょう。
これらを踏まえて考えると、「永久脱毛」と謳っていても、正確には「永久減毛」というのが正しいかもしれません。

永久脱毛と言えるのは針脱毛

本当の意味で永久脱毛と言えるのは、現在のところ「針脱毛」だと言われています。
ニードル脱毛とも言われますが、針を毛穴に刺し、針に電気を流すことで針の先にある毛根を破壊する方法です。毛根が破壊されるため、その毛穴からムダ毛が生えることは二度とありません。脱毛終了後の産毛などに悩むこともありません。
この方法が一番歴史があり、実際にその効果が確かめられているために「永久」と謳えるということもあるでしょう。

医療脱毛しか永久脱毛と言えない?

医療機関以外で「永久脱毛」という言葉を使用することは禁止されています。

脱毛サロンで照射できるパワーは法律で定められています。
そのため、医療機関でないと永久脱毛ができないと言われています。

医療脱毛で脱毛を完了させても毛が生えてくることがあります。妊娠出産など女性はホルモンバランスが大きく変わるタイミングが何度かあります。このホルモンバランスの変化によってまたムダ毛が生えてくることがあります。

永久脱毛が受けられない人も

  • 日光過敏症の方や皮膚に特殊疾患のある方
  • 妊娠中の方
  • Vライン・Iライン
  • Oラインの施術を希望する方で、生理中の方

アトピーやニキビがあっても悪化している状態でなければ、施術は可能です。
クリニックであれば、肌の状態を見ながら、調節してくれるので、心配であれば相談してみて下さい。

痛みと施術時間と費用がネック

実際に施術を受けた人のほとんどが、とにかく痛いと言っています。
また、一本ずつ針を刺していくわけですから、当然施術にも時間がかかります。背中とか太ももとか、面積の広い部位では気の遠くなるような話です。

また費用も針1本あたり100円〜と換算しているところと、時間制で1分100円〜500円と幅があります。
たとえば、ワキの場合。
1回の施術でトータル500本前後の処理が必要になります。

  • 1本100円の場合50,000円
  • 1分あたり100円なら7,200円
  • 500円なら36,000円

※1分あたり平均して7本ほど処理が可能と言われています

通う回数はレーザー脱毛と同じ程度と言われていますので、6回通ったとすると、43,200円〜300,000円とかなり幅があるものの、やはり他の方法に比べると高価になることがわかります。
そこで、他の脱毛方法との組み合わせで、自分に合った全身脱毛を選ぶという人も増えています。

脱毛サロンでもムダ毛が気にならない状態までは可能

サロンイメージ

サロンの光脱毛も回数を重ねれば、ほぼムダ毛処理が要らない状態になれます。

光脱毛は弱い光を何度も当てて、徐々に毛根にダメージを与えていく方法。
一般的には15回~18回くらい照射をすれば理想通りのつるつる肌になれると言われています。

まとめ

永久に毛が生えない方法はありませんが、エステや医療での脱毛施術を受けるとぐっとムダ毛の処理が減ります。

ムダ毛がコンプレックスの人は、きっと満足する結果を得られるはず。

まずは無料カウンセリングを受けるのがおすすめです。
通いたいと思えるサロンに出会えることを応援しています!

  • シェア

よく見られるページ

おすすめコンテンツ

TOP