全身脱毛ってどれくらい期間がかかるの?

イメージ

全身脱毛にかかる時間と期間は

全身脱毛はワキ脱毛だけなどとは違い、当然施術時間も長くなります。
しかも定期的に通わなければならないため、予約を入れる時に1回にどれくらい時間がかかるか目安を知っておいた方がその日の予定も立ちやすいでしょう。

通う頻度によって異なる

全身脱毛に限って言えば、ほとんどのサロンで月額コースと回数を決めたパックコースがあります。人気サロンを比較してみました。

通う回数 1回に施術する範囲 施術時間
月額コース 2回/月 全身の1/4 1時間
1回/月 全身の1/2 1.5時間
回数パックコース 2,3ヶ月に1回 全身 2〜2.5時間

 

月額コースの場合は1回の施術時間も短くなりますし、全身を分割して施術するのでお肌の状態を確認しながら負担がかからないように進めることができるメリットがあります。しかしその分通う回数が増えます。
肌が弱い人やトラブルを起こしやすい人はできるだけ負担を減らすために1回の施術時間が短い方がおすすめです。

一方、パックコースなどで一度に全身を行う時は複数スタッフで施術することが多く一回の施術時間は長くなりますが、回数は少なくなります。
たとえ時間が長くても通う回数を減らしたい、忙しくて頻繁に通えない人にはおすすめです。

全身脱毛にかかる期間

脱毛は毛周期が関係しており、部位によっても毛周期が異なります。
一般的に2か月~3か月おきに通うのを推奨され、期間は脱毛方法によっても大きく異なります。

毛周期とは

体毛は、常に生え変わっていて、成長すると自然に抜け落ちるようになっています。成長期・退行期・休止期を繰り返しており、このサイクルを‟毛周期”と言います。
脱毛機はこの成長期の毛だけに働きかけるものが一般的ですが、成長期の毛は体毛全体の20%ほどです。そのため、一度脱毛を行うとしばらく期間をあけて脱毛を何度も行う必要があります。

サロン脱毛の場合

サロン脱毛で行われる光脱毛は、およそ12回以上通う必要があると入れています。光脱毛はほとんどの方法が毛周期に合わせて施術を行うため、2か月~3か月おきに通うことに。
つまり、期間にして2年〜はかかります。

さらに、脱毛が全く要らなくなるのが24回以上と言われているので、期間は3年以上はかかる計算になります。

SHR脱毛は毛周期に関係ない脱毛が可能

従来の脱毛方法は、毛根に熱を与えダメージを加えることで毛を徐々に生えなくさせる方法でした。

このSHR脱毛は、毛根ではなく毛の司令塔とも言える“バルジ領域”を破壊することで毛を生えにくくしていきます。つまり毛周期に関わらず脱毛効果を発揮することができます。

医療脱毛の場合

光脱毛と仕組みは一緒ですが、より強い光で施術を行います。
つまり、脱毛効果もより短い期間で実感することが可能になります。

全身脱毛だと5回程度で自己処理がほとんどいらないレベルになります。これは期間でいうと1年ほとです。

全身脱毛を早く終わらせるコツ

保湿をしっかり行う

実は脱毛の効果と肌の状態には、大きな関わりがあります。

乾燥し肌が荒れている状態に施術を行うと、脱毛効果のある光がしっかりと肌に届かず、効果が半減します。それだけではなく、照射パワーも下げて施術を行ったり、ひどい時にはそもそも施術ができない場合もあります。

顔だけではなく、身体までしっかり保湿してあげてください。

日焼けには注意する

日焼けしている肌は火傷しているのと同じ状態です。
乾燥し炎症を起こしているので、うまく効果を発揮できません。また、光脱毛の中には黒いメラニン色素に反応する方法もあるため、そもそも脱毛を行うのが非常に危険だったり、ムダ毛に反応しなくなったりする可能性もあります。

正しいムダ毛処理の方法を守る

ダメだと分かっていても、ついついカミソリで処理をしてしまう人は要注意。

正しいムダ毛処理=肌状態を健やかに保つことに繋がるので、電気シェーバーでの処理を行いましょう。

毛周期に合わせて脱毛をする

突然予定ができたり、面倒になってキャンセルしてしまうこともあるかもしれませんが、脱毛を早く終わらせるためには毛周期に合った脱毛を行うのが一番です。
毛周期のサイクルは1~3か月のため、毛が生えそろう前に脱毛をしても効果が出にくくなります。

  • シェア

よく見られるページ

おすすめコンテンツ

TOP