脱毛サロンの中途解約には注意が必要!各脱毛サロンのルールを徹底解説【2019年5月版】

イメージ

脱毛サロンの中途解約には注意が必要!

契約を解除したい場合、

  • 契約から8日以内
  • 契約金が5万円以上
  • 契約期間が1ヶ月以上

という条件をすべて満たさなければクーリングオフはできません。
では、条件を満たさなかった場合はどのように解約すればいいのでしょうか?

これは【途中解約】という扱いになり、クーリングオフとは違って手数料が発生します。
要するに違約金を払わなければならないということです。

  • 違約金も決められています。
  • 施術を受ける前であれば2万円
  • 施術を受けた後では、既に施術をした際の金額+2万円(または契約金額の10%で金額が安い方)

上記を差し引いた額が戻ってくることになります。

例:総額40万円コースを契約した場合

  • 1回1万円×40回で契約。すでに10回施術を受けた場合
  • 1万円×10回=10万円
  • 違約金2万円

上記の12万円を支払う必要があり、差額の28万円が返金されます。

●サロンによって中途解約の条件が異なる

大手サロンでは中途解約する際、施術の残りの回数の上限を6回までと決めているところがあります。
つまり12回コースで契約し6回施術を受けた場合、解約自体はできても返金はなしということです。

また別のサロンでは通常契約から8日以内でなければクーリングオフはできませんが、契約から1年以内なら全額返金されます。

もちろん契約したら通い続けることが望ましいですが、脱毛は長期戦です。途中で何が起こるかわかりませんから、契約の前に解約条件を必ず確かめて納得のいくサロンを選ぶことです。

各脱毛サロン解約に関する情報をチェック!

上述した通り、エステ脱毛の場合は法律によって一定のルールが存在します。
サロンごとの細かいルールはそれぞれの契約内容や残っている回数によって違ってきます。
こちらでは各脱毛サロンの解約方法や注意点を簡単に解説します。

ミュゼ

イメージ画像引用:ミュゼプラチナム公式HP
https://musee-pla.com/faq/charge/
ミュゼは基本的に契約サロンでの解約になります。
契約店舗の予約を取って店頭で手続きを行います。契約店舗が遠い・存在していない場合は現在通っているサロンでの解約手続きが可能ですが、それも難しい場合はコールセンターが対応してくれるようです。解約手数料や違約金は一切かかりません。

キレイモ

image画像引用:キレイモ公式HP
https://kireimo.jp/qa/
回数パックと通い放題は解約手数料が法律の範囲(残りの金額の10%か2万円の安い方どちらか)で発生します。月額支払いは解約手数料なし。
キレイモは基本的にコールセンターの解約を推奨していますが、店頭でも行えます。違約金などはミュゼ同様、発生しません。尚、通い放題は18回目以降の返金は対象外とのことなのでご注意ください……!

アドラーブル

イメージ画像引用:アドラーブル公式HP
https://adorable-esthe.jp/price/
アドラーブルは月額が基本料金なので違約金・解約手数料などが発生せず「いつでもやめられる」と案内があります。しかし12か月通うことを前提とした1ヵ月分無料キャンペーンを利用するとルールが変わってくる場合があります。12か月は脱毛約2回分に相当しますので、2回終わるまで解約ができない可能性が高いです。
キャンペーンを利用する場合は十分契約内容を確認しましょう。

脱毛ラボ

イメージ画像引用:脱毛ラボ公式HP
https://datsumo-labo.jp/qa/
コールセンターから連絡をして店舗での解約手続きとなります。違約金は発生しませんが解約手数料が発生するとの案内が公式サイトに記載されています。
ご存知の通り、脱毛ラボはキャンペーンとして数ヶ月間無料のキャンペーンを行っており(2019年2月現在は15カ月無料)アドラーブル同様、解約時期には縛りが生じる可能性が高いです。

POINT
月額払いの良いところは【いつでもやめられる】という点ですが、〇〇ヶ月間無料といった契約特典がついているサロンが多いのでこういった特典を利用する場合は契約内容をよく確認する必要があります。一定期間解約ができないことがほとんどです。

契約前はなかなかイメージがしづらい解約ですが万が一の時に備えて解約条件はしっかり確認しておきましょう。
ちなみに月額契約は退会する月の前月末までに解約の連絡が必要です。

銀座カラー

イメージ画像引用:銀座カラー公式HP
https://ginza-calla.jp/faq/02-index.html
銀座カラーはコールセンターもしくは店舗で解約手続きを行います。違約金などはなく、解約手数料が法律の範囲(返金金額の10パーセントか2万円)でかかります。

シースリー

image画像引用:シースリー公式HP
https://c-3-esthe.com/info/
シースリーの中途解約は店舗に行く必要がありません。コールセンターに電話をかけ、メールでやりとりします。違約金はかかりませんが、解約手数料が法律の範囲(返金金額の10パーセントか2万円)でかかります。

医療脱毛(レーザー脱毛)の中途解約は?

医療脱毛クリニックもコースによってルールは変わりますが、中途解約ができる場合がほとんどです。クリニックによって解約手数料の金額やルールは異なります。
アリシアクリニックや湘南美容外科などは基本的に解約手数料や違約金は発生しませんが、返金額の10%~20%を解約手数料として引くクリニックもあります。
また、クリニック自体が解約手数料を取っていなくても医療ローンの場合は提携している医療ローンによって規定が変わりますので注意が必要。脱毛サロン同様、契約時にはしっかり解約の条件やルール、解約時の手数料などの確認をしましょう。

ちなみに医療脱毛クリニックにもクーリング・オフが適応されます。

以前は特定商法取引法対象外とされていたため知らない方も多いと思います。
医療脱毛クリニックはエステ脱毛以上に料金の開きが大きいです。高額契約をしてしまった!と思っても、上述した条件を満たすことができればクーリング・オフできますのでご安心くださいね。

中途解約は別に珍しいことではない

多くの脱毛サロンや医療脱毛クリニックに【乗り換え割】があります。
乗り換えユーザーが多いからです。口コミサイトを見ても「予約が取れなかったから解約した」というコメントは珍しくありませんし、弁護士サイトなどでも事例としてよく出されています。あまり気負わず連絡しましょう。
言い出しにくいという方や引き留められることを心配されている方も多いですが、理由を聞かれることはあっても引き留められることはほぼありません。
ダラダラ続けて後悔するより、自分がしっかり満足できるところで脱毛した方が良いですよ!

記載の内容は2019年5月現在、独自の調査によるものです。細かい内容や確認は各サロンへお問い合わせください。

  • シェア

よく見られるページ

おすすめコンテンツ

TOP